カテゴリー
北陸の旅 金沢の旅

古い面影を残す主計町茶屋街

ひがし茶屋街から300メートルほど歩いたところ、浅野川に面してもう一つの茶屋街である主計町(かずえまち)茶屋街がある。この茶屋街は街並みが残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

ひがし茶屋街から近江町市場に行く途中に、金沢の三つの茶屋街の一つである主計町(かずえまち)茶屋街があるので、立ち寄った。

ひがし茶屋街から浅野川大橋を渡り、川沿いに歩くと主計町茶屋街である。規模は大きくなく、観光用に作られた施設があるわけでもないが、何よりも川に面しているところが良く、落ち着いた茶屋街の雰囲気を醸し出している。

また、現在も繁華街として利用されていることから、本物の茶屋街として、独特の雰囲気がある。

浅野川には昔を偲ばせる橋が架かっていた。

浅野川に架かる橋
浅野川に架かる橋
カテゴリー
北陸の旅 金沢の旅

評判の高い金沢21世紀美術館

兼六園の近くに現代美術の館として評判の高い金沢21世紀美術館がある。従来の美術館のように絵画や彫刻というようなものはなく、科学の視点から切り取った作品が多い。意図がよく分らない作品もあり、鑑賞するのはなかなか難しい。

兼六園の真弓坂口から出ると交差点の直ぐ先に円形の建物が見える。これが金沢21世紀美術館である。

周囲は広い公園のようになっており建物の外にも「カラー・アクティヴィティ・ハウス」が展示されている。これは無料であるが見る位置により中にいる人の色が変わってくるもので、アイデアとして面白いと思った。

館内には無料ゾーンと有料ゾーンがある。せっかく遠いところから来たのだから有料ゾーンにも入ったが、全体的には期待外れであった。

一つ一つ作品を鑑賞したが、納得出来たのは「スイミング・プール」だけであった。他の作品は意味不明のもの、突っ込み不足のものなどあまり感心しなかった。展示されいる作品はまだしっかりと評価が固まっていない作品が多いのであろう。これらの中から次第に優れた作品だけが残っていくのであろう。

カテゴリー
北陸の旅 金沢の旅

古い町並みが整然と残るーひがし茶屋街

金沢にはひがし茶屋街、にし茶屋街、それに主計町茶屋街の三つの茶屋街があるが、その中でひがし茶屋街はもっとも規模が大きく人気のある観光地である。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、藩政時代の茶屋街の街並みが非常によく再現されている。ただ、多少、統一され過ぎるきらいはある。

ひがし茶屋街について

ひがし茶屋街は1820年に加賀藩が、この近辺に点在していたお茶屋を集めて整備した茶屋街で、石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋が軒を連ねており、独特の雰囲気を醸し出している。統一感からいうと京都の祇園より勝っている。

金沢ひがし茶屋街
金沢ひがし茶屋街

但し、本来のお茶屋とし運営されている建物は少なく。大半は家の中は一般の店舗などに改装されている。このため、多少、オープンセット的な印象はある。資料によると現在でも8件が茶屋として営業しており、芸子さんや芸者さんが20名ほどいるとのことである。

茶屋様式の建物(志摩)

このような状況の中、街並みの中程に昔の茶屋様式の建物(志摩)が保存され、公開されている。昔の庶民の民家の規模であるが、2階が客間となっており、お客が床の間を背にして座ると、その正面がひかえの間となっており、襖がひらくと、あでやかな舞や遊芸が披露される部屋などを見ることができる。

昔の茶屋様式の建物
昔の茶屋様式の建物
カテゴリー
北陸の旅 金沢の旅

新鮮な魚の宝庫ー近江町市場

北陸の味覚を味わうならやはり近江町市場でということで、昼近くに近江町市場に行った。市場といっても金沢の中心地むさし交差点の一画に広がる場所で、非常に交通の便がよく、繁華街に行く雰囲気である。

この周辺は細い道路を挟んで店がぎっしり並んでいる。近江町市場は北陸の物産の宝庫で、行ったときは丁度ズワイガニの解禁日となっていたので、どの店でも、所狭しとズワイガニが並べられていた。魚屋が多いような気がする。

ずわいガニは捕れる漁港により名前が変わる。福井県で捕れれば越前ガニ、山陰なら松葉ガニとなり、金沢では加能ガニとしてブランド化を計っている。

値段はまちまちである。1杯1000円程度のカニは香箱蟹(こうばこがに)といってズワイガニのメスのことで、 オスのズワイガニに比べて非常に小さい。

食事処も多くあり、市場の仕入れた食材を手軽に食べることができる。我々もガイドに掲載されていた店を探し、食べた。

カテゴリー
北陸の旅 金沢の旅

加賀百万石の城跡ー金沢城公園

金沢城公園は兼六園の横に広がる城と言うよりは広大な公園である。天守閣など城の建物は殆ど火災で失われており、現在は石垣など城の遺構と復元された河北門や菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓などが観光の中心となる。

金沢公園への入口

金沢城公園は昔お城であったため、堀や城壁で囲まれており、どこからでも入れるわけではない。

現在、金沢城公園の入口として最もよく利用されているは兼六園に近い石川門であるが、城の正門に当たる大手門からもは入ることができる。

大手門と大手堀

現在、大手門そのものは門の石垣の一部残ったいるだけである。

金沢城の大手門の石垣
金沢城の大手門の石垣

但し、周辺には堀や石垣が残っており、城の雰囲気を十分味わうことができる。

金沢城大手門付近の堀と石垣
金沢城大手門付近の堀と石垣

再建された河北門

大手門入ると広大な広場である。その奥に再建された菱櫓が見える。広場の先には明治15年頃になくなるまで金沢城の実質的な正門であった河北門がある。

金沢城の河北門
金沢城の河北門

三の丸広場からの眺め

三の丸には建物はなく広場となっている。三の丸広場からは再建された菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓の外の外観を見ることができる。少し綺麗すぎるので、かえって偽物に見えてします。

金沢城の三の丸広場から
金沢城の三の丸広場から

 

二の丸広場

二の丸広場から菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓の内部を見学することができる。平成になってから再建されたものであるが、内部は昔の設計図に基づき建てられているので、大きな木の骨組みなど当時の建築技法を見ることができる。

金沢城の菱櫓など
金沢城の菱櫓など

 

三十間長屋

更に本丸を目指して登って行くと三十間長屋がある。三十間長屋は昔からの遺構である。

金沢城の三十間長屋
金沢城の三十間長屋

この広場から本丸や天守閣があった方向に石垣を見ることができるが、その先は木が生い茂っていたので、昇るのを止めた。

金沢城の本丸方面
金沢城の本丸方面

公園内には石垣が多く残されているが、中には明治時代に陸軍が弾薬庫の通路のため開けた穴も残っている。

明治陸軍の弾薬通路
明治陸軍の弾薬通路

石川門

二の丸広場まで戻り、兼六園方面に進めば、石川門がある。この門が現在の正面玄関である。

金沢城の石川門
金沢城の石川門

カテゴリー
北陸の旅 金沢の旅

日本三名園の兼六園

金沢の代表的な観光地である兼六園は17世紀中頃加賀藩により造営された池泉回遊式庭園で、広大な土地に松や梅などの樹木、池や小川、古い建物など効果的に配置し観光客を楽しませてくれる。岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで、日本三名園の一つに数えられ、国の特別名勝に指定されている。

兼六園の地図

[map zoom=”16″ width=”100%” height=”300px” lat=”36.5622″ lng=”136.6625″]緯度経度で指定[/map]

兼六園は金沢の中心地にあり、四方に入口があるので、アクセス方法はいろいろある。他の観光地との兼ね合いでルートに加えるのがよい。私は金沢城公園を見学したあと、百間堀通りを橋で渡り、兼六園に入った。出る時は21世紀美術館の方面から出た。

徽軫灯籠と霞ヶ池

入口を入り、少し登って行くと、兼六園の看板的な景観である霞ヶ池とその池の側に灯篭が見えて来る。この灯篭は琴の音程を調整する器具の徽軫(こじ)に形状が似ているところから徽軫灯籠と云われている。

兼六園の徽軫灯籠と霞ヶ池
兼六園の徽軫灯籠と霞ヶ池

雪吊り

雪国金沢ならではの代表的な風物となる松に掛けられた雪吊りである。既に冬に備え準備が始まっていた。

兼六園の雪吊り
兼六園の雪吊り

兼六園には水を利用した景観が多い。

兼六園
兼六園

眺望台からの景観

兼六園は小立野台地の先端部にあるので眺望がよい。眺望台となっている場所からは金沢市内が見渡せる。

兼六園からの眺望
兼六園からの眺望

時雨亭

趣のある建物である。中でお茶が頂ける。

兼六園の時雨亭
兼六園の時雨亭

夕顔亭

茶室。兼六園で最も古い建物である

兼六園の夕顔亭
兼六園の夕顔亭

瓢池

公園が台地になっており全体に起伏がある。高低差を利用して滝も作られている。

兼六園の瓢池
兼六園の瓢池