カテゴリー
横浜案内

ズーラシアよこはま動物園の動物

孫達を連れてズーラシアよこはま動物園に行って来た。天気は良く、動物達もよく動いていた。動物の写真を撮ってきので、この程度は見られるということで写りの良いのをアップします。

アクセス方法

陸の孤島のような場所にあり、車で行くか以下の駅からバスとなる。横浜からのバスもあるが本数が少なく時間もかかるので相鉄線で最寄駅まで行った方が効率的である。

  • 相鉄線「鶴ヶ峰駅」、「三ツ境駅」からバスで15分
  • JR横浜線・市営地下鉄「中山駅」からバス15分

ズーラシアよこはま動物園の概要

以下のゾーンに分けられ飼育されている。非常に広い動物園なので重点的に回らないと疲れる。また、園内にバスも運行されている。但し、乗る人は多い。

  • アジアの熱帯林
  • 亜寒帯の森
  • オセアニアの草原
  • 中央アジアの高地
  • 日本の山里
  • アマゾンの密林
  • アフリカの熱帯雨林
  • アフリカのサバンナ(4月22日から)

アジアの熱帯林

入場して直ぐなので、丁寧に写真を撮った。

インドゾウ
インドゾウ

写真を撮るには檻の鉄棒が邪魔だが、見ているときはあまり気にならないこともある。

フランソワルトン
オランウータン
オランウータン
シシオザル

動物の居住面積が広く、遠い場所にいることもある。

ライオン
ライオン

亜寒帯の森

ガラス越しにレッサパンダが寝ていたので、近くから写真が撮れた。

レッサパンダー
レッサパンダー

ペンギン、ガラス越しに泳いでいる姿も見られます。

ペンギン
ペンギン

ガラス越しに泳いでいるオットセイ

オットセイ
オットセイ

ホッキョクグマ

ホッキョクグマ
ホッキョクグマ

オセアニアの草原

広い敷地ですので、遠くにいたカンガルー

カンガル
カンガル

中央アジアの高原

テングザル
テングザル

広い園内なので重点的に回らないと疲れる。「日本の山里」と「アマゾンの密林」は「わんぱくの森」に行き休憩。
丁度、桜のシーズンで園内の桜も綺麗だった。

さくらと柳
さくらと柳

アフリカの熱帯雨林

部屋の中のガラス越しに子供のオカピも見られる。但し、写真は光が反射するので、難しい面はある。

オカピ
オカピ

ガラス越に撮ったイノシシ。一般的にガラスの近くにいる動物が多い。また、見ている人も多い。

イノシシ
イノシシ

ガラス越しにいろいろなチンパンジの生態が見られます。広い場所に10匹近くのチンパンジが様々な姿で見られた。

チンパンジ
チンパンジ
カテゴリー
歳時記(日常の活動)

早咲きの桜満開(横浜)

昨日、横浜で桜の開花宣言がありましたが、すでに近所の早咲きの桜は満開です。柳も芽吹いていよいよ春本番ですね。

横浜桜満開
横浜桜満開
横浜で早咲きの桜満開
横浜で早咲きの桜満開
カテゴリー
歳時記(日常の活動)

保土ヶ谷公園の梅

横浜の保土ヶ谷公園にはテニスコートの横に約120本ほどの梅が植わっている。種類は白加賀、思いの儘、月宮殿など50種類とのことで梅の種類は多い。

保土ヶ谷公園の梅園
保土ヶ谷公園の梅園
保土ヶ谷公園の梅園
保土ヶ谷公園の梅園

2015年の開花状況3分程度(2月23日現在)

2月の下旬に梅の開花状況を見に行ってきた。まだ、木や種類によって異なるが、全体では3分咲きというところであった。

満開近い花もあるが、まだこれからというものも多い。

老木が多いのか花に勢いがないように感じる。満開になればもう少し華やかさが出てくるのであろうか。

保土ヶ谷公園の梅
保土ヶ谷公園の梅
保土ヶ谷梅園の梅
保土ヶ谷梅園の梅
カテゴリー
歳時記(日常の活動)

横浜伊勢山皇大神宮と浅間神社の節分会

横浜の伊勢山皇大神宮と浅間神社の節分会を見に行った。規模も歴史も異なる二つの節分会であるが、対照的で面白かった。

伊勢山皇大神宮

伊勢山皇大神宮は明治初年に神奈川県の宗社、横浜の総鎮守との位置付けで国費で建設された神社。

伊勢山皇大神宮の節分節
伊勢山皇大神宮の節分節

神楽舞が行われたり、榊を捧げたのは菅官房長官や黒岩知事など著名人が多く、如何にも権威がありそうである。 伊勢山皇大神宮の裃を着た年男年女。

伊勢山皇大神宮の豆まき風景

年男や年女が10班ほどに別れ順番に舞台に上がり豆を撒いて行く。撒かれるのは30粒ほどが袋に入った豆だけ。重量があり、比較的遠くまで投げられる。子供もいるが一般客が多い。

浅間神社

浅間神社は旧東海道沿いにあり、古くから地域住民や旅人から親しまれてきた歴史のある神社である。

浅間神社
浅間神社

浅間神社の豆撒き風景

豆撒きは場所が狭いため3回に分けて行われた。 先ずは2年生までを対象に豆まき。

次はその他の子供達。最後は大人との順番で行われた。年男年女は私服。舞台には鬼やお亀も登場。
いろいろ物を撒いていた。ただし、遠くまで飛ぶものがなく、殆どが舞台の先2~3メートルまでしか届かなかった。

細かい物もあり、多くの子供達が袋を広げてキャッチ。