カテゴリー
横浜案内 歳時記(日常の活動)

横浜イングリッシュガーデンの花

横浜イングリッシュガーデンでバラが咲き誇っていたので、写真を撮ってきました。

場所は相鉄平沼駅近くの住宅展示場の中の一番奥にあります。横浜駅から送迎バスが出ています。

あまり広くはありませんが、花がぎっしり咲き誇り満足できる庭園でした。

バラの花がメインですが、その以外の花も咲かせてあり、別の季節でも楽しめそうです。

カテゴリー
横浜案内

テニス発祥の地:山手公園

横浜の観光スポット山手本通りから少し入ったところに日本のテニス発祥の地、及び日本最初の洋式公園である山手公園がある。現在でもテニスコートがあり、多くの人が楽しんでいる。

山手公園付近の地図

住 所:神奈川県横浜市中区山手町230

バス停:麦田町

山手の西洋館や外人墓地を観光している場合は 山手のメイン通り山手本通りから、カトリック山手教会の横を入って行く。行き止まりのように見える道であるが公園まで続いている。200メートルほど歩くとテニスコートが見えてくる。

カトリック山手教会
カトリック山手教会

バスで行く場合は元町からトンネルを越えた最初のバス停の麦田町で降りる。山手公園入口の信号を入って行くと直ぐ山手公園入口に着く。

公園の入口は階段になっている。少し登った所に子供の遊技場が作られている。更に登るとテニスコートがある場所に着く。

頂上のところにはテニスコートと洒落た休憩所がある。

日本テニス発祥の地

山手教会の横から入った場合は山手公園の入口の所に元デビスカップ選手の安部民雄が書いた「日本庭球発祥之地」と彫られ記念碑がある。

横浜が開港され、日本有数の港町になると外国人が多く住むようになった。外国人達は明治3年に明治政府から横浜の山手に土地を貸与され、日本最初に洋式公園を作った。

ローンテニスは明治7年にイギリスで生まれているが、その2年後には日本にも持ち込まれている。外国人特にイギリス人は山手公園にテニスコートを造成してプレーを楽しんでいたようである。

テニスは男女が一緒にプレーできる異色スポーツであり、異国で生活する女性にとって公園でのテニスやお茶が最大の楽しみであったようだ。 明治11年にはイギリス婦人たちがLadies Lawn Tennis and Croquet Clubを結成している。


このクラブがベースになり現在も日本最古のテニスクラブ( 公益社団法人横浜インターナショナルテニスコミュニティ)として活動している。6面のクレーコートとクラブハウスを持っており、テニススクールなどが行われている。

テニス発祥記念館

山手テニス発祥記念館
山手テニス発祥記念館

少し行くと洒落た洋館の建物が建っている。これはテニス発祥記念館で、昔のテニス関係の資料が展示されている。資料の数は多くないが無料で見ることができる。

テニス発祥当時の外国人のテニススタイルが展示されているが、とても運動する服装とは思えない。のんびりと優雅なテニスであったようである。

木のラケットも展示されている。私がテニスを始めた頃もまだ、このように木のラケットであった。スウィートスポットが狭く、現在のラケットより格段に難しい。現在このラケットを使用するとミスも多くなるだろう。

山手68番館(山手公園管理事務所)の建物について

桜の下の68番館
桜の下の68番館

公園の一番奥には公園の管理事務所なっているレトロで洒落た建物が建っている。この内部にもコートがある。このコートは市で管理しており、一般にも開放されている。申し込めば抽選で利用することができる。山手68番館の内部に受付がある。建物内部やコートもそばで見ることができる。

この建物も趣があり私の好みの建物であるが、元はC.F.フランコの住宅として昭和9年に建てられたもので、山手68番地にあったことから山手68番館と言われている。

現在の場所には昭和61年に移築されたものである。バンガロー風の木造平屋建て並の外国人が住む程度の一般的な住宅であるが、日本にあると珍しく、特に、場所が閑静な山手公園の中にあることから、趣きのある建物となっている。

クリスマス前には山手洋館の一つとして、山手恒例のクリスマス飾りが飾られることもある。

桜の木

山手68番館の近くには古い桜の巨木があり、見事な花を咲かせる。

山手公園内の桜
山手公園内の桜
山手公園内の桜の巨木
山手公園内の桜の巨木
https://www.instagram.com/p/Bvsu0wXFXhX/
instagramに投稿した写真
カテゴリー
横浜案内

大倉山記念館(大倉精神文化研究所)と梅林

カメラを持って近代建築の代表的な建物である大倉山記念館と大倉山梅林を散策した。

大倉記念館への行き方

東急東横線大倉山駅で下車。駅の北側に出ると線路沿い大倉山に登る緩やかな道がある。この道をゆっくり10分ほど登れば階段の先に横浜大倉記念館が見えてくる。

大倉山梅林に直接行く場合は大倉山記念館に通じる階段を登らないで、右側の道をそのまま進み。数分下ったところが大倉山梅林である。記念館がある辺りが大倉山の一番高い場所で日吉方面が見渡せる。

横浜大倉記念館

横浜大倉記念館は昭和7年、大倉精神文化研究所の本館として建設された。設計者は長野宇平治、施工は竹中工務店である。

大倉洋紙店の社長であった大倉邦彦は当時の教育界や思想界の乱れを憂えて大倉精神文化研究所は開設した。研究所では各分野の研究者を集めて学術研究を進めるとともに、精神文化に関する内外の図書を収集して附属図書館も開設した。

長野宇平治は日本建築士会初代会長を務めた建築界の大御所で、明治、大正、昭和の時代にかけて多くの銀行建築などを設計している。大倉精神文化研究所も長野宇平治の代表作と言われている。

大倉山記念館の玄関円柱

外観はギリシャ神殿を思わせる円柱が立ち並び堂々として威厳がある。これを活用して、先般見たテレビドラマでは裁判所の玄関として活用されていた。

周囲は公園で他に建物はなく、正しく学問や精神文化の殿堂という独特の雰囲気を醸し出している。 横浜市指定有形文化財に指定されている。

建物に入ると正面に階段がある。階段の周りに各部屋が作られている。如何にも戦前に作られたというレトロな雰囲気が漂う。

階段の上の正面には殿堂への入口が設けられている。殿堂は宇宙全体の中の自己を自覚する場として設けられたもので、建物の中心的な場所である。現在はホールとして音楽会や講演会に活用されている。収容人数は80名。利用料も安価なのでよく利用されているが、ただ夜は周囲に人家がなく、帰り道が暗くなるので、気をつける必要がある。

大倉山記念館のレトロな椅子
大倉山記念館のレトロな椅子

大倉梅林

大倉記念館を通り過ぎ、少し坂を下ると大倉梅林が見えてくる。

昔は広大な梅林であったが、現在は大分縮小され下の2枚の写真がほぼ梅林の全容である。それでも32種類約200本の梅が植えられているとのことである。

大倉山梅林の全景2
大倉山梅林の全景2

梅の写真

この梅林は歴史があるので、古い木が多く花だけでなく幹も趣があり、絵になる木が多い。

大倉山梅林の梅
大倉山梅林の梅
梅は幹にも趣がある。
特徴のある梅の幹
カテゴリー
歳時記(日常の活動)

FUJIFILM X-E3 単焦点レンズキットを購入した理由

高性能で軽量なカメラとしてFUJIFILM X-E3 単焦点レンズキットを購入した。まだ、テスト段階だが非常に満足している。E3を決定した理由を紹介する。

高性能=撮像素子の大きさ

カメラやスマホの宣伝では画素数をPRする傾向にあるが、私はカメラの性能はほぼ撮像素子の大きさに比例していると思っている。

スマホや安いコンパクトでは1/2.3型(6.2×4.6mm)の撮像素子が使用されているが、これの大きさは横6.2ミリ、縦4.6ミリである。こんな小さい場所に緻密な映像を投影するのは無理でないかと思っている。レンズ性能が良くなければ意味をなさないだろう。

この意味ではフルサイズ(36.0×24.0mm)が一番であるが、これは完全にプロや上級アマチュアが使うカメラで価格も高額で重量もある。
アマチュアが使うのは高性能といってもAPS-C(23.6×13.0mm)程度までが適当だと思っている。これが使用されているカメラを第1目標にした。メーカによってはフォーサーズ(17.3×13.0mm)を主力にしているメーカもあるが、これは準候補である。。

老人には軽いことが重要

年配者にとってはカメラの重さも重要な選択基準となる。以前は一眼レフカメラを持っていたが、旅行やハイキングなどではカメラの重さが負担になるので、自然と持ち歩かなくなった。その後、コンパクトカメラやスマホで済ましていたが、やはり性能や使い勝手の面で不満になった。今回のカメラの選択では性能と軽さを天秤にかけて決定することにした。

高級コンデジとミラーレスカメラ

軽量で高性能のカメラとして、「高級コンデジ」と言われる分野のカメラがあるが、このカメラはレンズ交換が出来ないので、少し不満が残る。そこで多少重くはなるが、レンズ交換のできるミラーレスカメラから選ぶことにした。なお、一眼レフカメラには高額で軽量のものはないので却下である。

フイルムシュミレータ

APS-Cの撮像素子を使用して軽量なカメラをいろいろ検討していると、フジフイルムがフイルムシュミレータという機能を搭載して評判になっていることが分かり、一気に興味が湧き第一候補とした。

RAW現像すればどのメーカのカメラからも作り込めるのでないかと思うが、フジフイルムは昔はカメラ本体でなくフイルムを作っていた会社であり、この分野についてはノウハウがあると考えた。

同社のフイルムシュミレータの説明には次のようになっている。フイルムを使用していた世代からすると非常に懐かしさを覚え名前である。

フィルムを長年作ってきた当社ならではの、豊かな色再現性と階調表現をフィルム取り替える感覚で設定できる機能です。
カラーリバーサルフィルムを再現した「PROVIA」「Velvia」「ASTIA」、渋みのある「CLASSIC CHROME」、プロ用ネガフィルムを再現した「PRO Neg.Std」「PRO Neg.Hi」、レトロな雰囲気をかもし出す「SEPIA」、モノクロフィルムを再現した「アクロス」「モノクロ」「モノクロ+Yeフィルター」「モノクロ+Rフィルター」「モノクロ+Gフィルター」、映画用のフィルムを再現した「エテルナ」など、多彩なモードを用意しています。

「富士フイルムのサポート情報」から

単焦点レンズを選択

カメラのキットのレンズとしてはズームレンズが一般的だか私は軽量と高性能と観点から単焦点レンズのキット XF23mmF2 R WRを購入した。

単焦点レンズは画角が固定されるが、レンズ性能としては良いはずである。単純な話として、レンズを設計するとき、単焦点レンズは特定の画角だけよく映るように考慮すればよいが、ズームレンズは更に各画角毎に最適化を図らなければならないので、難しくなり性能も悪くなるはずである。

問題は広角の単焦点レンズで望遠の映像を得るにはどうするか? 出来ないことはない。単焦点レンズは高解像であるので、映像を部分的に切り取れば望遠と同じ画角になる。望遠レンズの画像と切り抜いた画像は周囲のボケ具合や解像度などの点で異なるが、この点は諦める。

購入したカメラキットの内容

FUJIFILM X-E3とフジノンレンズ XF23mmF2 R WRのキット。合計重量は約520gで、少し重いが負担になるほどではない。撮像素子はAPS-CサイズのX-Trans  CMOSIIIセンサー。有効画素数は約2430画素(6000×4000)。X-Trans センサーは画像にこだわる富士フイルムの特別仕様のセンサーである。一般のセンサーを使用した製品もあり、少し安価である。

テスト撮影

早速、身近なものを撮影した。サイズは1200×800に圧縮し、表示するときはシステムで更に圧縮されて表示されている。

切り抜いて望遠効果を出した例。下に画像は上の画像の一部を切りにいたもの。十分に精細で特に気になるものではない。

カテゴリー
歳時記(日常の活動)

三浦海岸駅の河津桜を散策

京浜急行の三浦海岸駅から線路沿いに歩いて行くと、堂ケ谷東公園の近くから小松ケ池公園までの線路沿いに河津桜と菜の花が植えられている。小松ケ池公園の中の池の側にも河津桜が植えられている。
2月15日(水)に散策したが、丁度満開で見事であった。桜祭りは3月に入る頃まで行われているが、花のピークはここ1週間程度あろうか。

三浦海岸の河津桜の地図

京浜急行久里浜線の線路沿い、堂ケ谷東公園~小松ケ池公園辺りである。

三浦海岸駅の桜まつり

駅前にも河津桜が植えられており、お祭りが開催されていた。

三浦海岸駅前の河津桜
三浦海岸駅前の河津桜

京浜急行の線路沿いの河津桜

堂ケ谷東公園~小松ケ池公園辺りの線路沿いの道に河津桜、下には菜の花が植えられている。

線路沿いの河津桜と菜の花
線路沿いの河津桜と菜の花

小松ケ池公園の河津桜

小松ケ池公園に見るスポットは多い。公園内にはトイレもある。

小松ケ池公園内の河津桜
小松ケ池公園内の河津桜

公園は線路の両側に広がっているいるが、多くのカメラマンが河津桜と電車を入れた写真を狙っていた。よい撮影ポイントは既に多くのカメラマン。私も真上から一枚。コンパクトカメラのため、レンズが金網の外に出た。

京浜急行と河津桜
京浜急行と河津桜

線路の北側の公演には池があるが、その側にも河津桜が植わっていた。

小松ケ池公園の河津桜

今度の土日は混雑するだろうな。平日が狙い目である。

兄弟サイト「自由人の備忘録」の三浦海岸の河津桜満開に同じ内容を少しビジュアルに編集しているので、見て下さい。

カテゴリー
歳時記(日常の活動)

激辛数独の解き方

ニコリから難解な数独ナンバープレースを集めた問題集が激辛数独として販売されている。レベルの高い難しい数独ナンバープレースを解くには、独特の考え方が必要である。普通の数独問題の要領で激辛数独の問題を考えていると、ある時点で、全く数字が埋まる場所がなくなり、先に進めなくなる。この時点からは激辛数独独特の考え方が必要となってくる。
激辛数独にチャレンジしたので、その難しさの程度、解くための考え方等について紹介する。

激辛数独の難しさの程度

激辛数独はさすがに難しい。
激辛数独にはレベル2からレベル10までの問題が105問掲載されている。レベル2の問題でも普通の数独のレベルとは、難しさの質が異なる感じであり、簡単には解けない。朝日新聞の土曜日に掲載されている数独の問題の中で一番難しいのはレベル5の問題であるが、このレベルの問題でも激辛数独ではレベル2、3程度でなかろうか。
しかし、レベル10であっても決して手も足もでないということはなく時間をかけて考えれば手掛かりは見つかるものである。レベルが高いほど、独特の考え方が要求されたり、手掛かりが少なく見つけ難くなっている。また、マスがかなり埋まってきても、単純に解けるようなことはなく最後の方まで推理力が要求される感じである。

激辛数独の考え方(解き方)

激辛数独の考え方は初級の数独(ナンプレ)と解き方、考え方が異なる。

消去法的な考え方

初級の数独ナンプレでは数字に入るところを見つける感覚あるが、激辛数独では見つけるというよりは入らない場所を除外していき、入るとすればここしかないという場所を見つけることが多い。言わば入らない場所を消去して行く感覚である。

数字が埋まっている状態(パターン)による変化

ブロック(3×3)の数字が埋まっている状態(パターン)に注目して、ある数字が影響を及ぼす列が変化するところを見つけるのである。ある数字は同じ列には入らないというルールがあるが、ブロックのパターンによってはこの入らない数字の列が縦から横に、横から縦に、又は縦でも別の列の縦に影響を及ぼすことがある。上級問題ではこのように間接的に影響を及ぶす列を見つけ出すことが重要である。この影響が変化するパターンを多く知っていると解くのに有利である。

「予約」の概念

易しい数独では数字が順次決定していくことが多いが、難度の高い数独ではこれ以上どこも単独では数字が決定しない場面が必ず出てくる。この時点で激辛数独で予約という概念が必要となってくることが多い。
同じ枠、同じ行あるいは同じ列の任意の二つのマスに入る数字がA,Bのどちらかであり、それ以外の数字は入らないと特定できることがある。激辛数独ではこのテクニックは「予約」として紹介されている。そのような二つのマスを見つけるとそれに関連する枠、行、列の他のマスには決してA、Bの数字は入らないと分かり、他のマスで数字が決定することがある。
また、その二つ以外の数字に注目するとそのマスは既に埋まっているマスと考えてよいので、新しいパターンができる。これによって他のマスで入る数字が確定することもあるし、第2の考え方で別の列に影響を与えることもある。

難度の高い問題になると予約が幾つも出てきて、何重にも数字を限定しながら入る数字を絞っていくことになる。また、応用問題として三つの数字で限定できる場合もある。

全マス調査

泥臭い方法であるが、すべてのマスについて、入る可能性のある数字を調べて行き、手掛かりがないか検討することがある。あるマスに入る数字が一つならその数字で決定である。入る数字が二つの時は先に述べた「予約」のルールが当てはまる関連のマスがないか探す。見つかった場合は、その二つマスに関連するブロック、行、列のその他のマスには、その数字は入らないので、入る数字の候補からその数字を除外する。このようにしてマスに入る数字を絞っていくのである。

解き方の例題

完全な数独の問題ではないが、考え方の参考になる例題。
下の図で、一番上の横の列で数字が決定するところがあるか?

激辛数独ー問題
激辛数独ー問題


まだ2個しか数字が埋まっていないが、上に述べた考え方を積み重ねていくと数字が決定する。

激辛数独ー考え方
激辛数独ー考え方

制限される数字が横から縦列に変換される例

一番下の一番左のブロックに注目すると。右の方に6があるので、aには6が入らない。するとそのブロックで6の入る可能性のあるマスはbしか残っていない。これでbが含まれる縦列には決して6は入らない。

二つの数字のしか入らない予約の例

上の方のブロックで、7,8とに注目すると。中央のブロックで7,8とも入る可能性のあるマスはdの所しかない。入る可能性のあるマスは二つで、二つの数字であるから、dのマスは7か8のいづれかで決して他の数字は入らない。

消去法的な考え方の例

一番上の横列で6に注目すると。eのところは同じブロックに既に6があるので、6は入らない。dは7、8であり、6ではない。cのところはbのどちらかに6が入るので、cは6ではない。残っているマスは1個しかなく、そこに6が入る。

この例題では関係のない部分を省略しているので、分り易いが、実際の問題では他の数字が目障りとなり、目付けるのが難しくなる。

上級問題の特徴

要するに上級問題はこの考え方を組み合わせながら解いていくのである。激辛数独を解く時は、マスや外側にメモの数字を幾つも並べ、関連性がないか、睨みながら解くのが普通である。激辛数独でもレベルの低い問題はメモを本に書いても何とかなるが、レベルが高くなるとメモが多くなり過ぎて訳が分からなくなるので、大きな紙に問題を書き写し、いろいろな観点からのメモを書き加えている。レベルが高い問題ほど、この前段階の思考を積み重ねなければならない感じである。
一度、皆さんもチャレンジしてみては如何でしょうか。

カテゴリー
歳時記(日常の活動) 音楽

サレジオ学院吹奏学部定期演奏会の感想

春休みに恒例のごとく開催されている中学校や高校の吹奏部の定期演奏会、今年は忙しかったので、サレジオ学院吹奏学部定期演奏会しか聴けなかったが、他の学校にはない特徴を持った吹奏学部である。

サレジオ吹奏楽学部の特徴

サレジオ学院は男子の中高一貫校である。吹奏楽部の定期演奏会でも中学生と高校生が一緒に演奏していた。パンフレットに記載されているメンバー表によると、高校3年生が少ない。多分、高校の2年になると受験勉強のためか引退するメンバーが多いのでなかろうか。メンバー的には中学と高校の中間の吹奏楽部という感じである。

また、中高合同にしては団員が少ない。もっとも他の学校の吹奏楽部は女生徒が圧倒的に多く、男性部員は少ない。男子校では団員を集めるのも大変なのであろう。コンクールでは別々に参加するのであろうから、対応が大変な気がする。

定期演奏会の様子

中高一貫校であれば、観客が多いのでないかと想像していたが、県立音楽堂に着くと、以外にもひっそりしており聴衆は少なかった。他の学校では友達の女生徒が多く来ていて賑やかな雰囲気である。まあ、男性はあまり友達のため聴きに行くというようなことが少ないのかもしれない。

定期演奏会の構成が三部であることは他校と同じであるが、他の学校が第2部に演劇的要素を加えているのに対し、サレジオ学院は純粋に音楽だけの構成であり、音楽を聴きに行っている私には有難かった。それと、他の定期演奏会ではだらだらと長引き、途中で帰ることが多かったが、サレジオの演奏会はてきぱきと進行し、最後まで聴けた。

他校に較べていろいろな楽器のソロ演奏が多くあった。団員の実力だめしというような嗜好なのであろうか。その中で一人の演奏者はべそをかいているような様子であった。多分、音が出なかったのであろう。私もクラリネットを練習していて音が出ないことがよくある。ただ、聴いてい人は演奏している曲をよく知らないので、音が出なかったのか、間違ったのかなどは分らない。態度からそのように推察しただけである。音楽家は間違ってもそれが音楽だとして堂々と演奏することが重要なのかもしれない。

気に入った点

私は年取ってからラリネットを始めたので、よく練習している高校生がどのようなクラリネットの音色を聴かせてくれるのか、また、アンサンブルにおけるクラリネットの響きは非常に興味のあるところである。今回の定期演奏会では幾度か木管を中心した綺麗なアンサンブルの部分があったので非常に満足だった。また、ソロ演奏も思っていたより上手いものである。やはり学生は上達が早い、うらやましい限りである。

全般的にアンサンブルは綺麗であったと思う。メンバーは少ないが立派な演奏会であった。男性で楽器を演奏する生徒は平均的にみて演奏が上手いのかもしれない。

なお、パンフレットに入っていた世田谷学園アンサンブルコンサートの案内にも興味が惹かれたが、場所が府中なので残念。

カテゴリー
歳時記(日常の活動)

燃えるように輝くビル

夕日に照らされてビルの一角が燃えているように輝いた。特殊なものでなく、多分、窓ガラスだと思われるが正体は確かめていない。丁度、夕日がベランダと同じ程度の高さだったのだろう、ビルに当たった夕日がすべて我が家のベランダ方向に反射したと思われる。

珍しい光景なので写真を撮った。

燃えているように輝くビル
燃えているように輝くビル

カテゴリー
歳時記(日常の活動)

フランスのクリスマス飾り(ブラフ18番館)

横浜の山手にある西洋館では毎年、各国のクリスマスの飾り付けが行われている。
2015年の飾りを見てきたので、写真で順次紹介する。

今回はブラフ18番館のフランス共和国のクリスマス飾り。

ブラフ18番館

ブラフ18番館は関東大震災後に山手町45番地に建てられた外国人住宅で、その後、山手イタリア山庭園内に移築復元された。

ブラフ18番館の全景

ブラフ18番館の全景
ブラフ18番館の全景

フランス共和国のクリスマス飾り

テーマ国:フランス共和国
コーディネータ:高橋加寿恵(Les Pitous主宰)

フランスのクリスマス飾りメイン
フランスのクリスマス飾りメイン

家族で過ごすクリスマスがコンセプト。

フランスのクリスマス飾りメイン
フランスのクリスマス飾りメイン
フランスのクリスマス飾り
フランスのクリスマス飾り
フランスのクリスマス飾り
フランスのクリスマス飾り
カテゴリー
歳時記(日常の活動)

ウクライナのクリスマス飾り(外交官の家)

横浜の山手にある西洋館では毎年、各国のクリスマスの飾り付けが行われている。
2015年の飾りを見てきたので、写真で順次紹介する。

今回は外交官の家のウクライナのクリスマス飾り。

外交官の家

明治43年に東京渋谷の南平台に明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として建設された建物を移築したもの。

外交官の家の全景

外交官の家の全景
外交官の家の全景

外交官の家のクリスマス飾り

テーマ国:ウクライナ
コーディネータ:コヴァリョヴァ・ナタリャ(ウクライナ伝統・文化講師)

ウクライナのクリスマス飾りメイン
ウクライナのクリスマス飾りメイン

コンセプトは家族でのクリスマス。

ウクライナのクリスマス飾りメイン
ウクライナのクリスマス飾りメイン

ウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人などスラブ人は、グレゴリオ暦の1月7日にクリスマスを祝うそうです。

ウクライナのクリスマス飾り
ウクライナのクリスマス飾り
ウクライナのクリスマス飾り
ウクライナのクリスマス飾り