カテゴリー
信州の旅

朝一番に善光寺参拝

長野にある善光寺は日の出の時間から法要が行われる。坂東三十三観音霊場巡りの御礼で善光寺に参拝する必要があったので、時間の節約のため朝早く善光寺に参拝した。 

旅行した時期の日の出時間は6時半、6時にホテルを出る。朝早いが参拝する人は多い。

善光寺について

善光寺は無宗派の独立した仏教寺院で、山号は定額山。山内には天台宗系の「大勧進」と浄土宗系の「大本願」によって運営されている。創建は644年と仏教が伝来されてから間のない時代で奈良の大仏より古い。本尊は日本最古と言われている一光三尊阿弥陀如来である。絶対秘仏となっており、七年に一度の開帳であっても前立の本尊が公開されるだけである。

建造物

北国街道は善光寺本堂に向かって一直線に伸びている。街道に沿って、関連する建物が直列的に並んでいる。仁王門をくぐり両側に店屋が並ぶ参道を進むと、善光寺の境内に入る。前方に重要文化財に指定されている立派な山門がそそり建っている。三門を潜ると前方に本堂が見える。

お朝事

善光寺では毎日、日の出に合わせて法要が行われている。これを「お朝事」という。法要は天台宗と浄土宗の寺院のもとで30分づつ合計1時間行われている。

お朝事の開始時間は、日の出に合わせて分単位で変わるので、時間表が記入されたパンフレットが作成されている。

天台宗系の「大勧進」の住職は「貫主」と呼ばれ、天台宗の名刹から推挙された僧侶が務めている。浄土宗系の「大本願」は、大寺院としては珍しい尼寺である。

日の出時間の少し前になると多くの人が本堂に入って行く、特に制限はなく誰でも入れる。準備が整った頃、最初に天台宗の導師様が大勧進から来られ、法要が始まる。

少しすると朝日が本堂を照らし始める。清々しい朝の朝日は美しく、気持ちがよい。

我々は本堂を後にし、周囲を散策する。本堂からは読経が聞こえる。森の中では小鳥が囀えずっていた。

結願御礼の寺

日本百観音霊場(西国三十三所、坂東三十三箇所、秩父三十四箇所)の番外札所となっており、それぞれの札所巡りで結願した場合、その御礼として善光寺に参拝する習慣がある。

私の場合も坂東三十三観音霊場巡りで結願したので、その御礼として善光寺を参拝した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。