カテゴリー
Joomla

CMS用ソフトJoomlaの第一印象

WordPressより大きなCMS( コンテンツ管理システム)を構築するソフトとしてJoomlaがある。どのようなソフトが興味があったので、レンタルサーバにインストーとしてみた。まだ十分使い込んだわけでないが第一印象を記 […]

WordPressより大きなCMS( コンテンツ管理システム)を構築するソフトとしてJoomlaがある。どのようなソフトが興味があったので、レンタルサーバにインストーとしてみた。まだ十分使い込んだわけでないが第一印象を記載する。

複雑なソフト

WordPressと比較して、Joomlaは2~3倍機能が豊富であると感じる。システムをインストールしたが、林の中にほり込まれたようで、効果が推測できないパラメータが多くあり、使い方がよく分からない。サンプル的にインストールされていたデータがあったが、適当にいじっているとシステムがまともに動かなくなった。

自由人の世界は機能を知るため、テスト的にインストールしたJoomlaのサイトである。過去に作成した記事をインプットしているが、気まぐれで機能を確かめているので、全体として統一性がまだできていない。

固定記事のツリー構造が主体

多くのカテゴリを作り、その下に記事を書いていくのは、WordPress、Joomlaも同じであるが、WordPressが記事を時系列的に表示するブログに向いているのに対し、Joomlaは固定記事をツリー状に表示するのに向いている。Joomlaでもブログ向けの投稿はできる。

Joomlaは記事の内容によって別のテンプレートを使用して印象を変えることもできる。

複数の人間が共同して作成することが最初から考慮されている。これによって、一般客が投稿できたり、担当者によって権限を区別し、システムや記事の作成・変更する範囲をいろいろと設定することができる。このため、全体管理はシステム部門押さえ、枝葉の部分は部門毎に運用する範囲を決めて、自由に仕様や記事を自由に作らせることもできろうである。

多言語の扱いも考慮されている。

表示方法が複雑

カテゴリを作り、記事を書くところはWordPressと殆ど同じであるが、表示する方法がきめ細かく、複雑である。Wordpressは記事を書けば、自動的に表示してくれるが、Joomlaの場合はこれだけでは何も表示されない。別途、表示するために仕掛けが必要となる。WordPressと同じようにブログ的に表示するか、注目記事に指定して、それらが特定のテンプレートの画面で時系列的に表示されるように設定する必要がある。

WordPressではメニューが一つしか指定できないが、Joomlaは幾つものタイプの違うメニューを作成して、いろいろなところに表示することができる。

システムの立ち上げ難しい

WordPressは多くのテンプレートが用意されており、自分の好みに合ったサイトが素人でも簡単に立ち上げることができる。言わば、既製服が多数用意されており、自分の好みの服を簡単に着ることができるのと似ている。まあ、短時間でそれなりのサイトが構築できる。

Joomlaはそもそも無料のテンプレートを探すのが大変である。インストールするとき添付されている二つのテンプレートで先ずはサイトを構築することになる。無料テンプレートも丹念に探せば見つらないことはないが、次はそのテンプレートを自分の好みに変更するのがまた難しい。
Joomlaの場合は有料のテンプレートでサポートを受けながら自分の店にあったサイトを構築するのが一般的にようである。

Joomlaの操作は難しいが、変更の自由度は高い。いわば洋服に例えればオートクチュール品である。無料のテンプレートも自由度が高く木目細かいサイトを作ることができるが、機能を使いこなせない感じである。

凝ったサイトを作らないのであれば、WordPressで自分に合ったテンプレートを探し出し、安価に運用するのが良いであろう。

手の込んだサイトを立ち上げたいなら、有料のJoomlaテンプレートを導入して、専門家のサポートを受けながら作成することになる。この場合、それなりに手数料を支払わなけならない。

現在の感想では、Joomlaは商品紹介、組織紹介、問い合わせなど目的によって表示方法を変える企業向けとの印象である。個人が同じような内容を記事にするだけならWordPressの方が向いているだろう。